カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

   

簡単/確実 更に新たな性能を追求したNO1のアーシングシステム


既存のアーシングシステムの有効な効果は維持しつつ、簡単に・確実に・高い効果が有る製品を追求し開発した結果の答えが

アーシング革命シリーズです。

手軽で確実なアーシング効果
既存のアーシングシステムでは実現できなかった車輌ノイズ除去
★★複数ポイントと変わらない!さらなる効果★★
エンジンパワー/トルクの向上
アイドリングの安定
アクセルレスポンスの向上
燃費向上
オーディオクオリティーの向上










アーシング革命供バイク用アーシング革命

アーシング革命R&バイク用アーシング革命R

ウルトラ革命R&バイク用ウルトラ革命R


アーシング効果の本質はもとよりノイズ除去まで可能にしたアーシングセットです。
ノイズ除去の要であるコアーの選択には、長期テストと多くの材質(フェライト系、オーステナイト系、パーマロイ等)
から最も車輌ノイズ除去に適したコアーを採用しました。

アーシングポイントには動力特性への影響が大きく、ノイズ発生源であるエンジンブロック(オルタネーター:ミッションを含む)を選ぶ事でわずか1本のアーシングで高い効果を実現しました。


特徴
1既存の多ポイント(6〜9ポイント)アーシングシステムでは実現できない高いノイズ除去効果が有ります。
2簡単なセッティング(セッティング時間)で高いアーシング効果が有ります。
3電流の流れの改善及び高いノイズ除去による高いチューニングアップ効果が有ります。
4使用ケーブルはブルースケルトン/8G/OFC/耐熱の高級アーシングケーブルを採用しました。
5端子は接触抵抗ならびに接触面の腐食を考慮し24金メッキの高級端子を採用しました。
6PR/PL/C-Maxシリーズ/Wonderシリーズの併用で高い相乗効果が有ります。
7メンテナンスフリー&簡単セッティング
●バッテリーマイナス端子とエンジンブロックの任意ポイントをケーブルで接続するだけの簡単セッティング。
●装着後のメンテナンスは一切必要有りません。
●本機の選択は車種(排気量)についての考慮は必要有りません。


アーシング革命
対応車輌国産車/外車
ノイズ吸収用特殊コアー2ポイントへインサート(特殊コアー 2個使用)
接続端子サイズバッテリー側 圧着端子6mm(24金メッキ)
エンジンブロック側 圧着端子8mm(24金メッキ)
ケーブルアーシング用 OFC:耐熱:8G(約8.3スケアー) ケーブル
ケーブル長Aタイプ 1.5m : Bタイプ 1.0m
重量約150g
付属品結束バンド
取り説

注:アーシング革命兇肇丱ぅ用アーシング革命兇亮腓憤磴い話嫉劵汽ぅ困芯垢気砲覆蠅泙后



アーシング革命/Rは既にアーシング革命兇納他攤僂澆瞭端譽灰◆爾砲茲襯離ぅ叉杣効果を革命兇3倍まで引き上げた強力なアーシングケーブルです。

アーシング革命R
対応車輌国産車/外車
ノイズ吸収用特殊コアー2ポイントへインサート(特殊コアー 6個使用
接続端子サイズバッテリー側 圧着端子8mm(24金メッキ)
エンジンブロック側 圧着端子8mm(24金メッキ)
ケーブルアーシング用 OFC:耐熱:8G(約8.3スケアー) ケーブル
ケーブル長Aタイプ 1.5m : Bタイプ 1.0m
重量約200g
付属品結束バンド
6mm平ワッシャー
取り説

注:アーシング革命Rとバイク用アーシング革命Rの主な違いは端子サイズた長さになります。



ウルトラ革命/Rは既にアーシング革命で実証済みの特殊コアーによるノイズ吸収効果を革命兇6倍また革命Rの2倍にまで引き上げた究極のアーシングケーブルです。

ウルトラ革命R
対応車輌国産車/外車
ノイズ吸収用特殊コアー4ポイントへインサート(特殊コアー 12個使用
接続端子サイズバッテリー側 圧着端子8mm(24金メッキ)
エンジンブロック側 圧着端子8mm(24金メッキ)
ケーブルアーシング用 OFC:耐熱:8G(約8.3スケアー) ケーブル
ケーブル長Aタイプ 1.5m : Bタイプ 1.0m
重量約400g
付属品結束バンド
6mm平ワッシャー
取り説

注:ウルトラ革命Rとバイク用ウルトラ革命Rの主な違いは端子サイズた長さになります。




アーシング革命M

セット内容は30cm:50cm各1本の計2本となります。



マフラーアーシングシステムではノイズ吸収効果が最も重要です。
高いノイズ吸収効果を持つアーシング革命Mは、ノイズ吸収効果を持たない既存のマフラーアーシングとの比較で圧倒的に優れている事は言うまでもありません。



特徴
1既存のマフラーアーシングシステムでは実現できない高いノイズ吸収効果を実現しました。
2簡単なセッティング(セッティング時間)で高いアーシング効果を実現しました。
3使用ケーブルにはマフラーアーシング専用、高級耐熱アーシングケーブルを採用しました。
4両端子は様々な接続状況に対応出来るデアル端子サイズを採用しました。
5PR/PL/C-Maxシリーズ/Wonderシリーズの併用で高い相乗効果が有ります。
6メンテナンスフリー&簡単セッティング
●マフラーとシャーシの任意ポイントに接続するだけの簡単セッティング。
●装着後のメンテナンスは一切必要有りません。
●本機の選択は車種(排気量)についての考慮は必要有りません。


アーシング革命M
対応車輌国産車/外車
ノイズ吸収用特殊コアー各ケーブルに2ポイントへインサート(特殊コアー 各2個使用)
接続端子サイズ接続端子10mm(錫メッキ): 接続端子8mm(錫メッキ)
ケーブルマフラーアーシング用ケーブル(OFC:耐熱:3.5スケアー)
ケーブル長30cm 1本:50cm 1本 計2本
重量各 約100g
付属品平ワッシャー 2枚
取り説


★★マフラーアーシング理論★★




アーシング革命S


既にアーシング革命兇納他攤僂澆瞭端譽灰◆爾砲茲襯離ぅ叉杣効果を革命兇2倍まで引き上げた強力なアーシングケーブル(8G 1.0m)とマフラーアーシングやメーカー純正アーシング(エンジンブロック:バッテリーマイナスライン)補強等に最適な構造とノイズ吸収効果を持つアーシンケーブル(メッシュケーブル 0.4m)各1台をセットにしました。

特徴
1既存の多ポイント(6〜9ポイント)アーシングシステムでは実現できない高いノイズ除去効果が有ります。
2簡単なセッティング(セッティング時間)で高いアーシング効果が有ります。
3電流の流れの改善及び高いノイズ除去による高いチューニングアップ効果が有ります。
4★ケーブル1:使用ケーブルはブルースケルトン/8G/OFC/耐熱の高級アーシングケーブルを採用しました。
★ケーブル2:使用ケーブルにはマフラーアーシング:メーカー純正アーシング(エンジンブロック:バッテリーマイナスライン)補強等に最適な、高級耐熱メッシュケーブルを採用しました。
5端子は接触抵抗ならびに接触面の腐食を考慮し錫メッキ高級端子を採用しました。
6PR/PL/C-Maxシリーズ/Wonderシリーズの併用で高い相乗効果が有ります。
7メンテナンスフリー&簡単セッティング
●バッテリーマイナス端子とエンジンブロックの任意ポイントをケーブルで接続するだけの簡単セッティング。
●装着後のメンテナンスは一切必要有りません。
●本機の選択は車種(排気量)についての考慮は必要有りません。
メッシュケーブルは
●マフラーアーシングやメーカー純正アーシング(エンジンブロック:バッテリーマイナスライン)補強等に●

マフラーアーシングとしてお使いいただいた場合の効果は
エンジンルーム内のアーシングにおいて、ノイズ吸収効果(ノイズ低減)が動力特性:電気系:燃費等の向上に作用することは多くの方が認識されていると思います。マフラーはエンジンブロックと通電状態の金属パーツです。しかも、エンジンブロックから離れた所まで伸びた金属パーツ(導体)でありエンジンブロックから発生するノイズをエンジンルーム内で処理出来ない所まで拡散していると考えられます。マフラーには電流の流れは存在しません。従いまして、マフラーアーシングに関しては100%ノイズ吸収(ノイズ低減)による効果と思われます。そこで既存のマフラーアーシングと本メッシュケーブル(アーシング革命M同等)を比較した場合、マフラーアーシングはマフラーで拡散している電気的ノイズをシャーシに戻す事でノイズを減少させグランド(0V)への影響を回避している事になります。しかしながら、グランドはバッテリーマイナス端子であり、ボディーに戻す既存のマフラーアーシングでは、きやすめ程度の効果しかないと言えます。それに比べノイズ吸収効果が認められる本メッシュケーブル(アーシング革命M同等)が圧倒的に優れている事は言うまでもありません。マフラーアーシングには、ノイズ吸収を極限まで可能にした本メッシュケーブル(アーシング革命M同等)が最も優れていると言える理由です。

メーカー純正アーシングの補強効果は
メーカー純正アーシングと併用する事でノイズを吸収する事を可能にします。前項目(アーシング革命理論)て説明済みの、ノイズ吸収で更なる様々な効果が期待出来ます。


アーシング革命S
対応車輌国産車/外車
ノイズ吸収用特殊コアー★ケーブル1:2ポイントへインサート(特殊コアー 4個使用
★ケーブル2:2ポイントへインサート(特殊コアー 2個使用
接続端子サイズ★ケーブル1:両端し8mmネジ用(錫メッキ)
★ケーブル2:片側8mmネジ用(錫メッキ):片側10mmネジ用’錫メッキ)
ケーブル★ケーブル1:アーシング用 OFC:耐熱:8G(約8.3スケアー) ケーブル
★ケーブル2:高級耐熱アーシング用 メッシュケーブル(3.5スケアー)
ケーブル長★ケーブル1: 1.0m
★ケーブル2: 0.4m
重量★ケーブル1: 約200g
★ケーブル2: 約100g
付属品結束バンド
6mm平ワッシャー
取り説



アーシング革命セッティング方法









アーシング革命 効果理論
アーシングの効果と目的
電流の流れを円滑にする為、電流消費の大きいポイントから直接バッテリーマイナスへ配線する事で効率の良い電流の流れをサポートする物です。
アーシングする事で、パワー/トルク/燃費等の向上が体感できます。

アーシング革命の効果理論
1:動力特性を左右するにエンジンブロックからの僅か1本のアーシングで高いアーシング効果を実現しました。
2:既存のアーシングでは除去する事の出来ないノイズ吸収で、ノイズによる電流の流れの妨げを解決しました。
3:間違ったアーシングにるノイズを増やす(拡散)する事を防ぎました。
4:ノイズ発生源でノイズ吸収する事で、いたずらにノイズの拡散等の障害を回避しました。
5:アースライン(マイナスライン)でしか取ることの出来ないノイズを取る(吸収)する事で高いチューニング効果を実現しました。
アーシング革命をセットする事で既存のアーシングによるパワー/トルク/燃費向上等が更に向上する事が期待できます。

アーシング革命の装着可能車輌
1:国産車/外車/二輪/四輪車輌
2:国産車/外車(四輪車)ではエンジンルールにバッテリーが搭載されている車輌で特に有効です。
3:既にアーシングしている車輌では、更なるチューンアップ効果が期待できます。
本機は総合的な電流の流れをサポートするアーシングシステムです。





アーシングあれこれ
*ノイズ吸収がなぜ高い効果につながるか?
一般的にノイズを吸収する(取る)と聞くとオーディオ以外にあまり関係無いのでは・・
とお思いの方が多いかと思いますがそれは大きな勘違いです。

*既存のアーシングラインを何十本装着してもグランドノイズが原因で電気的直流抵抗を下げる限界があります。
アーシング革命インプレッションに
「既に**本アーシングしているのにたった1本アーシング革命を
加しただけなのにこの変わり様は・・不思議です」
とのご報告を多数いただいておりますが不思議ではありません!
理由は次のとおりです。
ノイズ(グランドノイズ)はグランド(0V)の電位を上げてしまいます。
グランド(0V)が数ボルトになることで電流の流れに障害が発生します。
(瞬間的には12V以上の電圧になることが有ります。その瞬間は全く電流が流れない
状態になります。プラグが無点火の時間が発生する等の重大な動力特性低下につながります。)

この事が電装系の特性を低下さ、
トルク:パワー:燃費の低下につながる大きな原因です。
その他 ノイズによる電装系への障害は多数考えられます。
既存のアーシングでは何十本アーシングしてもグランドノイズを取る(吸収する)ことは絶対に出来ません。
これらのノイズによる動力特性低下を防ぐ事を可能にしたアーシングシステムがアーシング革命シリーズです。


よくある質問ですが
Q:革命兇罰很R更にウルトラ革命Rの違いは?
A:ノイズ吸収の要は特殊コアーです、その特殊コアー質量が革命Rは革命兇3倍
ウルトラ革命Rは6倍と更に強力です。
Q:革命2本装着と革命R1本装着だとどちらが良い?
A:既存のアーシングを既に装着している車輌に関しては革命R1本装着がお勧めです。
同様に革命R2本よりウルトラ革命R1本が価格的にもお勧めです。
全くアーシングを装着していない車輌に関しては質より量で革命2本がお勧めです。
(費用等の問題が無い場合は上位機種【革命R:U革命R】複数本の装着がベストです。)

上記回答に関してはアーシングとノイズの関係をご理解いただけましたらお解かりになると思います。

アーシングの基本的な考え方
皆様、アーシングについて色々なサイトで理論など御覧になっていることと思いますが、
車の構造から電流の流れの最終点はすべての車においてバッテリーのマイナス端子に到達します。
このことからバッテリーのマイナス端子を基点として、エンジン、オルタネーター、ボディー等に配線を
施すことにより、無駄な電気をなくしすべてをバッテリーに帰還することにより車の性能を100%発揮出来るのです。

また、エンジン、オルタネーター等とバッテリーのマイナスを限りなく電位差をなくすことによりノイズの発生を抑制
しています。更にエンジン等からのノイズがマイナスラインに乗る事でマイナスラインとの電位がゼロでなくなるため
電流の流れの妨げになります。

お勧めできないアーシング

1:アース理論を無視しているも
分岐式のアーシングすなわちバッテリーのマイナス端子からエンジンにエンジンから
ボディーに等に引き回しているアーシングのことです。

この方式は、一見同じように思われがちですが、たとえばエンジンからバッテリーに戻る配線と
エンジンからボディーに落としている配線を考えてみるとすべてがエンジンからバッテリに帰還するわけではなく
ボディーにも流れます。そうするとボディーからバッテリーに帰還する際バッテリーとエンジン間で
電位差が生じ浮遊ノイズの発生で極めて害のある結果を生じます。
このような配線をしている方は早急に取り外すことをお勧めします。
バッテリーから分岐せずに配線されている物だけにしその他をはずしてください。

お勧めのアーシング

1:アース理論を満たしたもの

バッテリーのマイナス端子から各部にそれぞれ配線できるもの。
たとえば7ポイントのアーシングラインがバッテリーのマイナス端子から7本出ているもの。
2:配線のケーブルの太さは太ければ太いほどいいので8ゲージ(約8スクエアー)以上のもので耐熱性のもの。
3:接続端子は、金メッキのもの(銀メッキのほうがいいのですが腐食するので車には使用が不向き)。出来るだけ
接触抵抗を少なくする意味です。

以上のことを注意しアーシングすれば間違いないでしょう。
また、当社のアーシング革命は理論に忠実に製作したものなので安心してお使いいただけることと思います。
お勧めのアーシングをすでにご活用されている方は、エンジンに配線されているケーブルを当社のものに
交換するだけでアーシングは完璧になることでしょう。

アーシングをするのをためらっている方にはまずアーシング革命をお使いいただくことをお勧めいたします。
簡単に取り付けが出来、すばらしい効果を体感できることと思います
★★マフラーアーシングに関して★★
エンジンルーム内のアーシングにおいて、ノイズ吸収効果(ノイズ低減)が動力特性:電気系:燃費等の向上に作用することは多くの方が認識されていると思います。

マフラーはエンジンブロックと通電状態の金属パーツです。しかも、エンジンブロックから離れた所まで伸びた金属パーツ(導体)でありエンジンブロックから発生するノイズをエンジンルーム内で処理出来ない所まで拡散していると考えられます。

マフラーには電流の流れは存在しません。従いまして、マフラーアーシングに関しては100%ノイズ吸収(ノイズ低減)による効果と思われます。

そこで既存のマフラーアーシングとアーシング革命Mを比較した場合、マフラーアーシングはマフラーで拡散している電気的ノイズをシャーシに戻す事でノイズを減少させグランド(0V)への影響を回避している事になります。しかしながら、グランドはバッテリーマイナス端子であり、ボディーに戻す既存のマフラーアーシングでは、きやすめ程度の効果しかないと言えます。

それに比べノイズ吸収効果が認められるアーシング革命Mが圧倒的に優れている事は言うまでもありません。マフラーアーシングには、ノイズ吸収を極限まで可能にしたアーシング革命Mが最も優れていると言える理由です。

★★エンジンルームにバッテリーが搭載されていない!★★
装着方法も色々考えられいます。エンジンルーム以外にバッテリーが乗っている車輌に関しては
エンジンヘッドからバッテリーマイナス端子への接続は無理だと思いますが、エンジンルーム内
での配線【エンジンブロックから、ボディー】でも効果が有ります。
更に、バッテリーとエンジブロックそれぞれから、ボディーに革命を取り付けると
【結果的に革命が2本必要です】更に高い効果が期待できます。
効果の検証はアーシング革命インプレッションサイトで御確認出来ると思います。
★★アーシングポイント★★
一番多い質問はエンジン側は何処何処・・・・ですが、エンジンブロックの中であれば何処でもOKです!
しいて挙げるのであれば点火プラグに近いポイントです。理由は一番のノイズ源で更にエンジンパワー
/トルクに大きく影響するポイントだからです。
また、点火プラグに近くないポイントでも違いは出ません。その理由はエンジンフロック自体がアルミで
しかも大きな質量を持っている為 電流の流れを助けるアーシングは何処でもOKと言う事になります。
ノイズ吸収を考えても一点から発生しているのではなくブロック全体からと考えた場合何処でも変わらない
と言えます。
複数ポイントにアーシング革命
まづは 総合的に一番効果が有るエンジンブロックへアーシング革命を一本。
これで十分な効果が体験できます。
アーシング革命は一本で十分ですが複数のポイントにアーシング革命を使う場合
ライトの照度アップ =フロントグリル板金
オーディオの音質アップ=一番奥の板金中央(エンジンルームとコックピットの境の板金)
アーシング革命なら3ポイント以上のアーシングはほとんど必要有りません。
アーシング隠れたお勧めポイント
あまり知られていないアーシングポイントにボンネットが有ります。
ボンネットはアーシングとは無関係と思いがちですが、かなり有効なポイントです。
特にカーオーディオのノイズ撃退を追求している方には超お勧めポイントです。
磁性体である鉄製のボンネットがノイズ源のエンジンルームのふたになっています。
そのふたはアースが良く取れていない事でノイズの巣状態になりノイズを拡散して
多くの障害の元になります。
ボンネットのアーシングはとりづらいとは思いますが貴方の愛車に試す価値大です。


余談ですが、スポーツカーでシャーシがアルミ製の車輌が有ります。
アルミを使う事で重量を軽量化する為のものだと思いますが電気的に考えても非常に
好ましい事です。
アルミは 電気抵抗が小さい:熱伝導率が高い:非磁性体等から電気的恩恵がたくさん有ります。
??*革命で5〜8ポイント無意味ですか*??
良く有る質問ですが、ある程度本数を増やせばそれなりに効果は上がりますが
対価費用を考えますと1本で十分と言えると考えています。
1本で90%以上の効果が有り、残りの10%の内の数パーセントを追求する為に数倍の
設備費用をかけるのは如何な物か??と言事です。
アーシングを徹底的に追求!!とお考えの方は5本:6本と増やしてチャレンジして下さい!


車種及び車両の状態によって効果が出ない場合が有ります。
エンジンパワー/トルク向上は車種及び車両の状態で異なります。
想定数値での変化を体感する事が出来ない場合が有ります。